スポンサードリンク

グッチ(GUCCI)財布・長財布

グッチ(GUCCI)財布・長財布は、GGキャンバス・グッチシマ・バンブー・ジャッキー・プリンシーなど多彩な種類が人気です
グッチ(GUCCI)の財布・長財布の価格は比較的高めのですが、人気の高い第一線のブランドとして君臨し続け、その流行が今、メンズにも浸透しグッチ(GUCCI)の財布を
所持または欲する方が年々増加しています。
男女問わず魅了するグッチ(GUCCI)、グッチの財布や、グッチと言うブランドをうまく活用して、素敵な大人になりましょう。

グッチ(GUCCI)は「最上の伝統を最上の品質で、しかも過去のよいものを現代に反映させる商品作り」をコンセプトとし、
グッチ(GUCCI)は、その品質保証をするために、世界で初めてデザイナーの名前を入れて商品を販売したブランドであり、ブランド商品の元祖と呼ばれています。
グッチオ・グッチの考案した、自らの頭文字をあしらった『ダブルG』のモノグラムはあまりにも有名ではないでしょうか?

グッチ(GUCCI)の二つ折り財布やグッチの長財布に使われているカーフは、しっとりとした革で、見た目も上品な光沢を放ち、手にすぐに馴染みます。
もともとグッチ(GUCCI)は高級皮革店房を営んでおり、そのクオリティーは歴史に裏づけされているのです。

グッチ(GUCCI)の創立者「グッチオ・グッチ」は故郷イタリアのフィレンツェにて1923年に「GUCCI」ブランドとして高級皮革店房を創業しましたした。
フィレンツェが誇る最高の皮革職人達が創り出すグッチの皮革製品は、その高品質、デザインで一気に高級ブランドとしての地位を確立していきます。
きっかけとなったのが、オードリーヘップバーンやジャクリーヌ・ケネディーなどの著名人が愛用したことがあげられます。
これが後押しとなり一気にブランドとしてのその知名度を上げたのです。

グッチ(GUCCI)は、今や、イタリアだけでなく世界中から羨望の眼差しと賛美の言葉を贈られる世界に誇るブランドになりました。
特にグッチ(GUCCI)の財布は老若男女問わず、多くの人々から愛されているのではないでしょうか?。
近年の日本では、メンズのグッチ財布も人気を博しています。
グッチだけが持つ高級感とその先進的なデザインは、時と場所を選ばないので。誕生から一世紀近くになっても人々の心を掴んで離しません。
現在もグッチブランドのバッグや財布・アクセサリーなど、世界のブランドとして日本でも今尚、多くのグッチファンが生まれてきています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。